« なごみの芳香剤 | トップページ | 占いのようでそうでなかった »

2004/07/17

久しぶりにはまった純愛ストーリー

私は(前からなんども書いてますが)かなりの凝り性です。
そのせいか映画でも本でもよほどひどい物でない限り一度見てしまうと終わりまでいかないと気が済みません。
そんな影響もあってか逆に、映画も本も最近は離れぎみ。(テレビの深夜映画は禁物)

特に本(小説など)は最近全くと言っていいほど読んでいない‥。
その分、ネットで時折「小説」(ぽいものとかも)なんかに当たってしまうとついつい読んでしまう事があります。

昨日もそんな感じでふらついていたら、あるお話しに巡り会いました。

「電車男」

どうやら、最近話題になっているらしい。(正確にはもう古いのかも‥)
なんでもあの有名な「2ちゃんねる」で実際に起こった話をまとめた物らしいのですが、なかなかすごいストーリーと言うことで今更なんでしょうが(といっても今年の春に起こった事らしいけど(^_^;)興味が沸いたので、軽い気持ちで見に行きました。

初めフラッシュが出てきてたけど早くてよくわからない。(読み終わってから見直したら感動しました)
とりあえず、無視したらその話のリンクらしいのが出てきたのでとりあえず最初だけでもとクリック。

したのが間違いだった(笑)

それから、3時間以上「電車男」に飽きたらずその周辺の話まで一気に読んでしまった(深夜まで‥)
(丁度、ここの記事を書こうとしてたのですがすっかり飛んでしまいました(笑))

有名になっただけあってすっごく印象深いお話でした。
ただ、私の受け取り方は読み物感覚で読んでしまったせいか、当事者達よりもその周辺で応援する人たちの一喜一憂ぶりにとても笑えたしそれ以上に感動もしました。
たぶんもしその場に居合わせたら別な意味でもっとすごい感動を得られたのでしょうねえ。

でも、私はその場で見て無くてよかったと思ってます。
(もしその場でいたら気が気でなくて仕事も手に付かなくなってそう(^_^;)

このお話し、私のようにまだ知らなかった方、一度読んでみてはいかがでしょう。

話の展開は「2ちゃんねる」のとあるスレッドの中で話が進んでいきますので「2ちゃんねる」を知らない人には、かなりあくが強いだろうし読みにくいと思いますですが、それ以上に読み終えたときに何かが心に残ると思います。(私は昔、はまりかけたのであまり抵抗なかった(^_^;)

ただし、時間の余裕がある時に(笑)


ところで、実はこの話には後日談があるようです。

電車男 後日談 女神もまた神話に魅せられる?
     (日常/非日常Blog より)

ただし、以下 記事引用:
 
 「以下の文章は「電車男」ストーリーに涙した人は、その涙を大切にするために
  読まないほうがいいかもしれない。

  あと「電車男」まだ読んでいない人は、以下読んでもなんだか分からないので
  読むの禁止。


と、ありますのでくれぐれもご注意を。

私は、見ちゃったけど(^^;


追記) asahi.com(7/9付)にて。

 2ちゃんねる発「純愛物語」にハマりまくる人々

 ただし、ネタバレ多数注意。

|

« なごみの芳香剤 | トップページ | 占いのようでそうでなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにはまった純愛ストーリー:

« なごみの芳香剤 | トップページ | 占いのようでそうでなかった »